DORA麻雀のルール・レート

DORA麻雀で賭けれるレートとウマ・場代の計算方法マニュアル

賭け麻雀をするとき、テンピンとかテン5というルールで開始しますよね?

例えばテンピンなら「半荘で負けても3万円くらい・・箱下になったとして4万円くらいか・・」と計算しますが、DORA麻雀の場合は違います。

今回の記事では、DORA麻雀で現金を賭けて遊ぶために必要な

  • DORA麻雀のレートの基礎知識
  • DORA麻雀の最低~最高レート・レート別最大勝利金
  • 1,000点あたりの金額と差しウマの計算方法
  • 場代の支払い

上記について詳しく解説していきます!

賭け麻雀をするうえで、レートを把握しておくのは必須。ちょっとややこしいかもしれないが、ちゃんと理解してから遊んでくれ!
坊や哲

DORA麻雀のレート基礎知識

お金を賭けた麻雀をするうえで1,000点のレートは非常に重要ですが、DORA麻雀の場合は少し仕組みが異なります。

DORA麻雀では卓に着きゲームを開始するタイミングで、保留金(差しウマの負け額含め)が残高から引かれるシステムです。

「最大負け額=最初に支払った保留金」となってるため、予想外の大負けをくらうというリスクはありません。

先に保留金を払うため、それ以上の損失が出ないから安心だ!
坊や哲

逆を言えばどれだけ点棒が増えても、最大勝利金額が設定されてるデメリットはあります。

つまりDORA麻雀においては、1,000点あたりのレートで卓を選ぶのではなく、保留金のレートで卓を選ぶのがセオリーとなります。

ポイント

DORA麻雀は全ての卓共通ルールで、誰かが箱下になったら終了します。

そのため最下位で負ける最大額と、トップ賞の最大勝利金が決まっているのです。

例えば上の画像の卓の場合、$32/$48と表記してありますが、右の金額$48が保留金です。(約5,000円)

※左はウマ

仮に上記の卓で箱下になっても、最初に払った保留金48ドル全て戻ってこないだけです。

親のダブル役満で全プレイヤーを飛ばしても、勝利金は最大$128だぞ!
坊や哲

左の金額は1,000点棒のレートを計算する「持ち点の金額」です。(計算式は後ほど説明します)

DORA麻雀の保留金最低~最高レート・最高勝利金

次はDORA麻雀で遊べる卓の最低~最高の保留金レート、及びレート別最高勝利金について説明します。

以下の保留金レートを理解しておけば、1,000点あたりの金額はそこまで意識しなくてOKです。

最大勝利金は3人麻雀と4人麻雀の卓で異なるけど、東風と半チャンは関係ないぞ!
坊や哲

※1ドルは約100円くらいです↓↓

卓の名前 持ち点の金額 保留金(最大負け額) 最高勝利金
3人練習卓 0.5ドル 1ドル 2.5ドル
4人練習卓 1ドル 2ドル 6ドル
萬子山(3人麻雀) 2ドル 4ドル 10ドル
槓子河(4人麻雀) 2ドル 4ドル 12ドル
字牌山(3人麻雀) 4ドル 8ドル 20ドル
筒子山(3人麻雀) 8ドル 16ドル 40ドル
二槓子河(4人麻雀) 8ドル 16ドル 48ドル
索子山(3人麻雀) 16ドル 32ドル 80ドル
ヤキトリ(4人麻雀) 16ドル 32ドル 96ドル
紅中山脈(3人麻雀) 32ドル 48ドル 128ドル
三槓子河(4人麻雀) 32ドル 64ドル 192ドル
緑發山脈(3人麻雀) 64ドル 96ドル 256ドル
クジャク(4人麻雀) 64ドル 128ドル 384ドル
白板山脈(3人麻雀) 96ドル 144ドル 384ドル
パンダー(3人麻雀) 128ドル 192ドル 512ドル
パンサー(3人麻雀) 192ドル 288ドル 768ドル
オメガパンサー(3人麻雀) 256ドル 384ドル 1,024ドル

ポイント

各レートの卓は1つだけではありません。人気があるレートは複数の卓が用意されています。

最低額が1ドルのため、日本円にして約100円から賭け麻雀が楽しめるレートです。

最高レートは384ドルだから、約4万円の保留金を支払い最大1,024ドル・・約11万円の勝利が見込めるわけですね。

1,000点あたりのレート計算式(持ち点の金額)

次は1,000点あたりのレート計算式を説明します。

ぶっちゃけそこまで気にしなくていいけど、知りたい人は読んでください。

計算式

「持ち点の金額÷スタート時の点棒=1点の金額」

※3人麻雀は35,000点、4人麻雀は25,000点がスタートの点棒でオカは無し。

例えば「$8/$16」の3人麻雀卓で遊ぶ場合(スタート35,000点)は・・

8(持ち点の金額)÷35,000(最初の点棒)=0.0002285ドルが1点の金額となるため、1,000点のレートは0.2285ドル(約23円)です。

テンピンで賭け麻雀をしたいなら、持ち点金額$35の卓が一番近い計算になり、点5なら持ち点金額$16が最も近いぞ!
坊や哲

3人麻雀と4人麻雀の差しウマ(順位)

DORA麻雀では全ての卓で差しウマ(順位)のルールが入ってます。

  • 3人麻雀:3位が1位に
  • 4人麻雀:4位が1位に/3位が2位に

差しウマの金額

「差しウマの金額=卓に表示されてる持ち点の金額」

※ただし4人の場合は3位から2位に半額。

上記になっており、例えば$2/$4の3人麻雀卓なら3位の人が1位に2ドル。

$2/$4の4人麻雀卓なら、4位が1位に2ドル、3位が2位に半分の1ドルです。

DORA麻雀の勝利金は、主にウマの割合が大きい。トップと2位では雲泥の差になる。
坊や哲

DORA麻雀の場代計算

DORA麻雀の場代は、雀荘のように1卓1時間1,000円・・という概念ではありません。

トップのプレイヤーが場代を払い、2位以下のプレイヤーは支払いません。

場所代の計算式

  • 東風の場所代:獲得勝利金の10%
  • 半荘の場所代:獲得勝利金の15%

※3人麻雀と4人麻雀の違いは無く、東風か半荘で割合が異なる。

例えば、3人麻雀の東風戦でトップを取り50ドルの勝利金だったら、5ドルの場代が差し引かれ手に入るお金は45ドルです。

まとめ

以上DORA麻雀における、レートと場代について詳しく解説しました。

雀荘や友達と賭け麻雀をするときは、1,000点50円・・といったレートで始めますが、DORA麻雀の場合はまず保留金を見てください。

最大でいくら負けるのかを確認した後、気になるのであれば「持ち点の金額」から1,000点のレートを割り出せばOKです。

また、場代はトップが払い、他のプレイヤーは払わないと覚えてください。

DORA麻雀公式ページ

DORA麻雀登録方法

-DORA麻雀のルール・レート
-, ,

© 2021 DORA麻雀の遊び方完全マニュアル