DORA麻雀のトーナメント

DORA麻雀トーナメント情報!無料と有料の違い・総額賞金の仕組みや専用ルールまで解説

DORA麻雀では唯一のイベントとなってるトーナメント。

名前の通りですが、参加者がそれぞれ麻雀で対局し勝ち抜け方式で優勝者を決定するイベントですね。

そこで今回の記事では、DORA麻雀で開催されるトーナメントについて

  • 無料と有料の違いと特徴
  • 賞金総額の仕組み
  • トーナメント用の麻雀ルール
  • 参加方法
  • トーナメントは稼げるのか?

上記の項目を詳しく解説していきます!

トーナメントに参加してみたいけど、賞金やルール、参加方法など分からない人は参考にしてね!
坊や哲

DORA麻雀のトーナメント基本情報

ではさっそくDORA麻雀トーナメントの基礎情報を紹介します。

トーナメントは

  • 無料参加できるトーナメント
  • 参加費を払う有料トーナメント

上記2種類です。

どちらも優勝すれば必ず賞金が受け取れます。

青枠=参加費用

黄色枠=賞金総額

トーナメントなので、各卓の1位もしくは2位までが次の勝負に駒を進めます。(1位抜けか2位抜けかはトーナメントで異なる)

後ほど詳しく説明しますが、賞金総額はトーナメントで優勝した1人が全て受け取るか、上位プレイヤー複数で山分けする分配式のどちらかに設定されています。

無料トーナメントの特徴

無料トーナメントのメリットは、参加費(リスク無し)を払わずにトーナメントに参加できることですね。

DORA麻雀に登録後、一度も入金したことがない人でも参加可能です。

デメリットは、参加人数が多く獲得できる賞金が少ない固定額になってること

基本的には10ドルもしくは15ドルの賞金総額です。

毎月最初の月曜日だけ開催される「月間オンリートーナメント」に限っては、賞金総額200ドルとなってるビッグイベントです。

有料トーナメントの特徴

有料トーナメントは参加費用をアカウント残高から徴収されますが、参加者が少なく獲得できる賞金は無料よりも圧倒的に多いのが特徴です。

  • 参加者が増えれば増えるほど
  • 参加費用が高ければ高いほど

賞金総額も比例して増えていきます。

安いトーナメントだと7ドルから参加可能。

200ドルや400ドルの参加費となってる、高額有料トーナメントも用意されてます。

参加費を支払う以外には、場代など取られることはありません。

ピンキリにはなりますが、賞金は300ドル前後~最高10,000ドル(約100万円)です。

賞金総額とは?優勝者1人が総取り・もしくは分配方式

DORA麻雀のトーナメントで貰える賞金総額は無料と有料関係なく

  • 優勝者が総取り
  • トーナメント上位〇名で分配

どちらかに分かれています。

どっちの賞金になってるかは、トーナメントの「詳細」→「登録者一覧」から確認できます。

優勝者が総取り

優勝者のみが貰える総取りは、最後に勝ち残った人だけが受け取れます。

ただし、トーナメントによっては2位や3位の人に賞金ではなく賞品が提供される場合もあります。

分配方式

分配方式であれば、優勝できなくても上位に食い込むことで賞金が貰えます。

ただし参加人数が多いほど、分配される人数が増えるだけじゃなく、順位が低いほど貰える金額も減っていきます。

トーナメントは1位抜けと2位抜けがある

DORA麻雀のトーナメントは、対局の1位だけが抜けるケースと2位も抜けるケースがあります。

各トーナメントにより異なりますが、基本的に参加人数が多い無料トーナメントは1位抜けのみ。

有料で参加者が少ないトーナメントは、2位抜けまで設定されていることが多いです。

1位抜けのトーナメントなら、2位~4位は全て負けなので何が何でもトップを狙わないといけません。

しかし、2位抜けもあるなら振り込みを避け2位以上のキープを目指す・・という戦略が適します。

DORA麻雀公式ページ

トーナメント用の麻雀ルール

次はDORA麻雀のトーナメントで勝負するさいの、専用ルールを説明します。

一般的なDORA麻雀のルールとは少し異なる点があるので注意してください。

最も大きな違いは

  1. 4人麻雀のみ
  2. 親の連荘と赤ドラは無し

上記の2点です。

親であがっても流局しても親は流れます。

3人麻雀(サンマー)の卓は無いことと、親の連荘と赤ドラ抜きとなってます。

また東風限定で、トップ賞やウマなど全く関係なく局終了時の点棒で1位抜け(もしくは2位抜け)が確定。

次の卓へ進むことができます。

DORA麻雀の基本ルールである「喰いタン、喰い替え、後付け」は全て有りです。

DORA麻雀のトーナメントスケジュール

DORA麻雀のトーナメントには

  1. 定期的に開催されるトーナメント
  2. 不定期で開催される特別トーナメント

上記の2種類が用意されてます。

現在参加者を募集してるトーナメントは、DORA麻雀トップページから「トーナメント」に進むと確認できます。

定期トーナメント

定期トーナメントは、無料と有料に関係なく基本的に賞金が少ないトーナメントです。

「毎週火曜日開催」「毎月第2・第2火曜日開催」といったように設定されてるため、参加するかどうかのスケジュールが立てやすくなってます。

定期トーナメント一例

  • 【無料】風流韻事杯:毎週木曜日開催
  • 【無料】月間オンリートーナメント:毎月初めの月曜日開催
  • 【有料】優勝者総取りトーナメント:毎週水曜日開催
  • 【有料】暗子戦:毎月第1・3・5火曜日開催

・・・など他にもたくさん用意されてます。

特別トーナメント

不定期で開催され賞金総額が多い特別トーナメント

過去には10,000ドル(約100万円)の賞金で開催されたこともあります。

ほとんどが有料となってますが、中には賞金1,000ドルの無料トーナメントも開催されてます。

数か月前から告知することもあれば、当日にゲリラ的に開催するケースも!

特別トーナメント一例

  • 【無料】紅孔雀(賞金1,000ドル)
  • 【有料】黄金杯ーYOROZUー(賞金200ドル)
  • 【有料】雷神-RAIJIN-(賞金5,000ドル)
  • 【有料】風神-FUJIN-(賞金3,000ドル)
  • 【有料】北タロー杯(賞金4,000ドル)

・・など。

DORA麻雀のトーナメント参加方法

DORA麻雀のトーナメントに参加するには、トップページの「トーナメント」から「登録」に進みます。

開催日と参加費用を確認して、間違いなければ「登録」を押してください。

注意

有料トーナメントに参加する場合は、DORA麻雀へ参加費を入金しておく必要があります。

DORA麻雀の入金方法一覧を解説!手数料と決済限度額・入金に失敗するケースも紹介

参加期限は開始1分前までとなってるため、ギリギリまで待機してからでも可能ですが、人数に上限があるため注意!

また、トーナメントは4人麻雀専用のため、端数になった場合は遅く参加申請した人順に強制キャンセルされる可能性があります

トーナメント当日は、開始時間前にDORA麻雀のログインした状態で待機してると予選卓への案内が表示されます。

後は案内に沿って卓へ付き勝負開始です!

DORA麻雀公式ページ

DORA麻雀のトーナメントは稼げる?

DORA麻雀の無料トーナメントであれば、ノーリスクで賞金を稼げる可能性があります。

しかもDORA麻雀のトーナメント賞金やボーナスは、出金条件が無いため即時引き出し可能です。

無料トーナメントだと全然稼げない!

ただし!無料トーナメントは同じことを考えるプレイヤーが多く、しかも賞金はめっちゃ少ない(汗)

無料だと200人は参加することがほとんどで、優勝者総取りでも賞金は10ドル~15ドル。

200人の頂点に立っても日本円で1,500円です(笑)

分配式だともっと低く、1位になっても3ドル~4ドル程度しか貰えません・・。

つまり、ぶっちゃけ無料トーナメントをするくらいなら、コンビニでバイトしたほうが圧倒的に稼げます(笑)

稼ぐなら有料トーナメントか一般卓

「DORA麻雀で稼ぐ」を目的にする人は、有料トーナメントか一般卓で勝負することをオススメします。

理由は参加者が無料より圧倒的に少ないことと、賞金が高額だからです。

上記は「黄金杯」という100ドルの有料トーナメントですが、現在6人しか参加してません。

ですが、優勝者は2,000ドルの賞金を独り占めできるわけです。

つまり単純計算1/6の確率で優勝が狙えますし、親連チャン無しの東風戦という短期決戦のため、実力よりも運がものをいいます

DORA麻雀トーナメントの補足

最後にDORA麻雀でトーナメントをする上での補足点を紹介します。

敗者復活の可能性がある

DORA麻雀のトーナメントは4人麻雀専用になってるため、トーナメント中に人数が合わなくなる事態が起きえます。

例えば最初28人から1位抜けでスタートした場合、28人→7人となって1人足りなくなりますよね?

その場合、負けた21人の中からランダムで1人敗者復活の恩恵を貰えるのです。(通知が届く)

ただし、敗者復活の抽選は順位や点棒が多い少ないに関係なく、抽選方式は公開されていません。

有料トーナメントの参加3名以下は全額返金

もし有料トーナメントに参加費を払って登録し、開催時刻になっても人数が3人以下になった場合は強制キャンセルとなります。

強制キャンセルは支払った参加費が全額現金されますが、自己都合でキャンセルすると戻ってきません

DORA麻雀公式ページ

DORA麻雀登録方法

-DORA麻雀のトーナメント
-,

© 2021 DORA麻雀の遊び方完全マニュアル