DORA麻雀の評判・法律

DORA麻雀は違法サイトなのか?安全性や逮捕される心配はある?

DORA麻雀はリアルマネーを賭けて遊べるネット雀荘ですが、「本当に違法性は無いのか?」「逮捕されないのか?」と疑問に思って、あなたはこのページに訪れたと思います。

そこで今回の記事ではDORA麻雀の

  • 違法性
  • 賭け麻雀で違法になるケースとならないケース
  • ギャンブル系オンラインゲーミングで逮捕及び不起訴になった事例
  • DORA麻雀で遊んでも絶対逮捕されないのか?

上記項目について詳しく解説していきます。

先に結論だけ言っておくわ!回答としては違法では無い!
坊や哲

DORA麻雀が違法では無い理由

DORA麻雀は違法なギャンブルサイトではありません。

理由としては「海外で運営されている」ことが最も重要なポイントです。

よく日本の繁華街にあるインターネットカジノ(インカジ)が摘発され、経営者とお客さんが逮捕されるニュースは耳にします。

日本では賭博罪に適用されるからです。

しかし、DORA麻雀の場合は海外サーバーを利用し、海外企業がサービスを提供してます。

よってDORA麻雀で金銭を賭けたゲームを行っても、海外の法律が適用されるため違法とは言い切れないのです。

簡単に例えるなら、マカオやフィリピンにあるカジノで遊んでも逮捕されないのと同じだよ。現地でプレイしてることと意味は同じだからね。
坊や哲

ただ、注意して欲しいのは合法でも無いってこと。

日本では海外のギャンブルサイトで遊ぶことに対し、明確な法律がありません。

つまり違法でも合法でも無く、そもそも法律が無いためグレーという認識が最も正しい位置づけとなります。

DORA麻雀公式ページ

日本で賭け麻雀を行い違法になるケース

日本国内で、賭け麻雀を行った場合は賭博罪に抵触するため違法です。

ただし、1,000点10円程度の家族麻雀や友達の家で遊ぶ麻雀なら、よっぽど逮捕起訴にはなりません。

厳密には違法だけど、警察も面倒だから動かないってのが正直なところです。

仮に雀荘でおおっぴらに賭け麻雀を行っていても、賭けの対象が昼食や晩飯といった、一時的に消費できてしまうものも基本的に問題ありません。

つまり、金銭・金品・資産価値が高いものを対象に賭ける麻雀は、いつかは警察のお世話になってしまうわけです。

金銭のやり取りがあった麻雀は刑法に触れるわけですが、2020年5月に元検事長の黒川氏が新聞記者らと賭け麻雀をした問題が発覚しました。

本来このケースは確実に逮捕→起訴→有罪・・という結果になるはずなのに、結果は「不起訴」です(笑)

表向きの理由は、賭け金が高額でなかったことと、頻度もそこまで多くなかったという、法律ではなくもはや個人的な感情が入った理論ですね。

通常なら確実にアウトなわけですが、この事案は真っ黒い圧力がかかってたのは明白なため、一般人はマネしないでくださいね。

オンラインカジノで逮捕・不起訴になった事例

DORA麻雀はオンラインカジノに分類されます。

で、過去オンラインカジノをプレイした男性3人が、逮捕起訴される事件が発生しました。

結果から説明すると男性2人は罰金を支払い、残り1人は争った結果不起訴を勝ち取りました

※不起訴=無罪

理由は先ほども説明したけど、そもそも日本でオンラインカジノを規制する法律・刑法が無いためです。

このときに男性の弁護をしたのが、賭博関係の法律に詳しい津田弁護士。

無罪の言い分としては、そもそも賭博罪は運営者を摘発するための法律であり、ユーザー(男性3人)を取り締まるものではない!と主張。

DORA麻雀は国際ライセンスを取得し、海外で合法に運営してる賭け麻雀サイトのため、日本政府が「違法だ!」と騒ぐ余地はありません(笑)

だって国際的に認められてるんだもん。

つまり運営側を取り締まりしないくせに、ユーザーだけ違法と訴えるのはおかしいよね?って言い分が認められ、不起訴(無罪)になったのです。

日本でDORA麻雀を遊んでも逮捕されないのか?

では、本当に日本国内でDORA麻雀をプレイしても絶対に逮捕されないのか?と言われると、答えは「逮捕される可能性は極めて低い」です。

なぜなら、DORA麻雀を始めとした海外オンラインギャンブルサイトは、日本では合法になってないから。(法律が無いから違法にもならないけど)

とはいえ国民への見せしめに、ユーザーを逮捕することは今後出てくる可能性があります。

ただし、覚えておいて欲しいのは「逮捕=有罪」では無いってこと。

逮捕って聞くだけで刑務所行きか・・と考えてる人がいますが、逮捕はあくまで容疑をかけられて色々あなたのことを調べますねってレベルです。

万が一逮捕されたとしても、過去のオンラインカジノの判例では不起訴(無罪)となったため、有罪判決を下される可能性も極めて低いと言えます。

なぜなら、裁判では過去の判例が判決を下す要素になるから。

過去の判例ではオンラインカジノをプレイした男性1人に不起訴処分を下したため、今後誰かが逮捕されたとしても、不起訴になる可能性高いのです。

DORA麻雀公式ページ

逮捕を防ぐポイント

よくツイッターやブログ等で、DORA麻雀をプレイした結果を載せてる人がいます。

過去の判例以来、そういった人の中で逮捕起訴された人はいませんが、もし不安な人はプレイ結果をネット上に公開することは避けたほうがよいでしょう。

あ、ちなみに僕は平気でDORA麻雀のこと書いてるけどねw

DORA麻雀は安全なサイトなの?

ここまでの説明で、DORA麻雀を含めた海外のオンラインギャンブルで遊んでも、よほどのことが無い限りは逮捕起訴はされないことが理解できましたか?

では、そもそもDORA麻雀は安全なサイトなのか?

DORA麻雀は、自治権を持ったイギリス王室の属領のマン島政府「Gambling Supervision Commission of the Isle of Man」よりライセンス(2009年12月31日)が付与、及び管理されてます。

Gambling Supervision Commission of the Isle of Manのホームページ

常にライセンス発行元から管理監視されてるため、不正行為をすればライセンスはく奪及び法律で罰せられます

つまり、DORA麻雀側がプレイヤーの不利益になるイカサマをしても、何もメリットがありません。

そもそも場代で利益を上げるのがDORA麻雀のため、どのプレイヤーが勝とうが関係ないのです。

他プレイヤーとのコンビ打ち等を防ぐために

  • 同一IPのプレイは禁止(例えば家族で一緒にプレイ)
  • プレイ時間帯の傾向調査
  • 対局相手の傾向調査
  • 同一卓のプレイヤー調査

を徹底してるため、コンビ打ちを行ってもすぐに発覚し、勝利金は没収されアカウントは永久凍結となります。

まとめ

以上、DORA麻雀で遊ぶ前に不安を抱えてるあなたに、違法性や安全性について紹介しました。

絶対に逮捕されないという保証はありませんが、過去に不起訴(無罪)となった判例を考えれば、雀荘で賭け麻雀するよりよっぽど安全です。

DORA麻雀側の不正行為、プレイヤー同士のイカサマやコンビ打ちもほぼ不可能なため、リアルマネーを賭けた麻雀をしたいならオススメと言えます。

DORA麻雀公式ページ

DORA麻雀登録方法

-DORA麻雀の評判・法律
-,

© 2021 DORA麻雀の遊び方完全マニュアル